鉄分補給を妨げる食べ物・飲み物は?鉄分の吸収を阻害する成分とは

鉄分不足をチェックしよう!

 

女性が陥りやすい鉄分不足。
そのため、小松菜やプルーン、レバー、マグロの刺身など鉄分の多い食品を意識して摂取している人もいらっしゃるかと思います。
しかし、鉄分の吸収を妨げるものと一緒に摂取していてはその努力も徒労に終わります。
このページでは、鉄分の摂取を妨げる食べ物や飲み物をご紹介します。


 

鉄分の摂取を妨げる飲み物

 食事を摂る際に一緒に何かを飲む人も多いと思います。しかし、その飲み物が鉄分の摂取を妨げることもあるのです。
 まず、タンニンが含まれるものはいけません。これは緑茶やワインなどに含まれています。食事の際に緑茶を飲む人もいるでしょう。
 最近ではワインを嗜む人も増えています。しかし、このようなことを続けていては、鉄分不足に陥ってしまいます。
 お茶を飲むならウーロン茶にしておきましょう。
 他にも炭酸の入った飲み物も鉄分の摂取を妨げます。
 つまり、居酒屋でビールを飲みながら鉄分を摂るためにレバーの串焼きを食べてもあまり効果がないのです。

 

食物繊維も鉄分の吸収を妨げる

 女性には貧血の人も多いですが、便秘に悩む人が多いのも事実です。
 便秘を改善するために効果を発揮する食物繊維ですが、これも鉄分の吸収を阻害してしまうのです。
 食物繊維を過剰に摂取すると、せっかく摂った鉄分が体外に排出されてしまいます。ただ、どちらも女性にとっては必要な栄養素です。
 食事ごとに鉄分を補給する食事と食物繊維を補給する食事に分けて、同時に摂ることはなるべく避けるようにしましょう。

 

その他の鉄分吸収を阻害する成分

 他にも鉄分の吸収を阻害する成分はたくさんあります。
 鉄分が多い食品として挙げられやすいほうれん草ですが、生のほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれていて、これが鉄分の吸収を阻害します。
 シュウ酸は茹でればなくなりますからほうれん草は必ず茹でて食べるようにしましょう。
 また、インスタント食品やスナック菓子、ハム、ソーセージなどに含まれるリン酸塩も鉄の吸収を妨げます。
 また、大豆や玄米に含まれるフィチン酸塩も鉄の吸収には良くないものですが、発芽玄米のように発芽したものは大丈夫です。
 また、フィチン酸塩はえぐみがあるため豆腐などでは取り除かれていることが多いようです。

鉄分不足をチェックしよう!

 

実はあなたも鉄分不足?
様々な症状からわかる鉄分不足チェック表はこちらからご覧下さい!
>鉄分不足の症状チェック表